コロナウイルス対策としてのピアノ鍵盤の除菌に関して

ピアノの除菌について工場側からの見解がございますのでご確認いただけましたら幸いです。

除菌剤はピアノには不向きと考えます。

例えば消臭剤などに使っている二酸化塩素の濃度にもよりますが、金属部分に使用すると金属を腐食させてしまいます。塗装部分についても、侵される可能性が有ります。

ご存じのように除菌剤にはアルコールが使用されており、これも鍵盤を侵してしまいます。

 

ピアノは、綺麗な布を流水(水道水を流しながら)で洗って、固く絞って拭いてもらい、ピアノを演奏する前には手をしっかり洗う、使い終わったらまた手を洗うと言うことを徹底していただくしか無いと思います。

咳、くしゃみの飛沫が付かないよう、演奏時もマスクを付けることも合わせてお願いします。

 

消毒剤は、アルコール系、塩素系等々ありますが、どれも樹脂や金属を侵す可能性が有りますので、使用は控えてもらいたいです。

状況が状況なので、どうしても何らかの除菌をしたいということでしたら、除菌後に先ほど書いたように綺麗な雑巾を固く絞って、除菌剤を拭き取って残らないようにしてもらう事をお願いします。

また重複しますが、下記サイトにも掲載されていますのでご確認のほどよろしくお願いします。

https://www.kawai.jp/news/20200221/

名古屋のピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作ならイクルスデザイン