新型コロナウイルス感染拡大に伴うピアノ教室のレッスン可否について

ついに愛知県でも独自に「緊急事態宣言」が出されて、レッスンをやってもいいかどうか…他の教室はどのような対応をしているかなど問い合わせを多数頂いています。

 

通常レッスンを継続

通常通り教室にてレッスンを継続されている教室もあります。生徒さん側からの要望が多いこと、マンツーマンレッスンであることが要因かと思います。是非はともかく、やられてる先生方からお話を伺うと

  • レッスン室の換気
  • 鍵盤やピアノなどのアルコール消毒
  • 時間を開ける

 

などの対策をしつつ、レッスンは継続されているということでした。

 

オンラインレッスン

まだまだ途上とはいえ、リスクを避けるのではあればオンラインを…と考える方が多いようです。オンラインレッスンで主に使われているのがzoom、FaceTime、LINEなどでイヤホンを使いながらのレッスンとなるようです。基本的には音質はあまり良くないようですが、比較した中でもFaceTimeはまだマシという声が多いようです。ただFaceTimeはiOS同士でないとできないため、Androidを利用されている方は使えないとの声も。

 

動画配信

オンラインレッスンを試みたものの、音質の悪さや途切れ途切れになってしまうことから生徒さんから動画を送ってもらい、それに対してコメントもしくはオンラインレッスンに切り替えるなど様々な工夫をされているようです。ほとんどの世帯でスマホ1台はある時代ですので、動画を送ること自体は難しくないのかもしれません。

 

休業を選択

今のところ最も多いのが学校が始まるまでは休業を…という教室のようです。全ての教室に聞いたわけではないのですが、緊急事態宣言が出るまでは気をつけながらレッスンを継続されていた教室も、緊急事態宣言が出た翌週から休みにされている方が多いように感じます。

 

今後の対策について

今のところ、教室によって対応がかなり違うような印象ではありますが、先生ご自身はもちろん生徒さんやそのご家族の方も含めて、健康でいていただくことが最も重要かと思います。くれぐれもご自愛頂けましたらと願っております。またカワイから除菌効果のあるキークリーンが発表されました。少しでもお力になれる情報をお届けできれば幸いです。

 

名古屋から全国へ。ピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作ならイクルスデザイン