ピアノ教室で新しい生徒が集まらない2つの理由とは?原因と解決策を紹介

ピアノ教室の生徒が集まらない理由は大きく2

ピアノ教室で新規生徒さんの募集を集めることに苦労している場合、考えられる原因は大きく2挙げられます。

  • サービスの質が低い
  • 集客力が低い

これら2つのうちどちらか、あるいは両方とも該当している可能性があります。客観的に判断して原因を突き止めるのは難しいと思うので、以下で詳しく解説していきます。

サービスの質が低い

まず最初に考えられる原因として、サービスの質が低いため、魅力がないと思われてしまう点です。

魅力とはピアノ教室の講師がどのような人なのか、レッスン内容が充実しているかどうか、月謝やレッスン時間が適切かどうかなど、様々な要因が挙げられます。

特に講師の先生に実績が多ければ、それだけで生徒さんや親御さんの信用を獲得できる可能性が高くなるので、新規の生徒さんを獲得するのに非常に有利に働きます。

他にも、競合となるピアノ教室と比べて月謝が安ければそれだけで十分セールスポイントになるでしょう。なるべく安く抑えられるピアノ教室がないか探している親御さんも多いです。

これら全てに共通して言えるのが、顧客のニーズを満たしているかどうかというポイントです。

ピアノ教室を開く際に、どんな人がメインターゲットになるかを想定することが重要です。小学校が近くにあれば、当然小学生のお子さんを持つ親御さんがターゲットとなり、時間帯や月謝をそれに合わせて最適化する必要があります。

このように、周辺の学校やイベント、競合の教室のサービスなど、事前に必要な調査をしておかなければ顧客ニーズを満たすことは不可能です。

逆に言うと、サービスの質は講師の実績が豊富であればいいという単純な話ではなく、細かいニーズを汲み取って対応できる柔軟さが求められるんですね。

集客力が弱い

新規生徒さんを獲得できていないピアノ教室に多いのが、集客力が低いために魅力をきちんと伝えることができていないケースです。

集客の手段はたくさんあるものの、効果的な手法を正しく実施するのは決して簡単ではありません。ただ単に宣伝費をかけて集客したとしても、必ずしも生徒さんが集まるわけではないのです。

改善策①人気のピアノ教室が行うサービスを参考にする

まず1つ目の理由である、サービスの質低下に対する改善策について解説します。最も効果的な方法は、すでに人気があるピアノ教室がどんなサービスを提供しているのか、きちんと調べて参考にすることです。

ピアノ教室の周辺地域や講師、ターゲット層などの要因は様々なので一概には言えませんが、サービスの根幹となる部分で参考にできることが必ずあるはずです。なぜそのピアノ教室が人気で生徒が集まるのか、その要因を自分なりに分析して取り入れられる部分は取り入れましょう。

カリキュラム内容の充実度

サービスの質を知る上で最も分かりやすい指標が、どんなレッスンを行うのかを示すカリキュラムの内容です。ピアノ教室に通う人は、何かしら習得したい技術があるはずなので、その技術を学べるかどうかが判断材料になります。

具体的には、ポップスやクラシック、ジャズなどのジャンルに幅広く対応できるカリキュラムが組まれていると、多くのニーズに応えることができます。特にジャズピアノは拍の取り方などで他ジャンルと異なるため、きちんと教えられる講師がいることをアピールしましょう。

他にも、レッスンに通いやすいように時間帯に融通を効かせるのも大事です。親御さんが送迎したり、生徒さんが学校終わりに通ったりと、レッスンに行ける時間帯は人それぞれなので、好きな時間に通えるフレックス制を取り入れるのも効果的ですね。

ピアノ教室は社会人の方が通うケースも増えているので、フレックス制は最近の人気なピアノ教室でもよく採用されています。少人数体制だと時間帯の幅を持たせるのは中々難しいかもしれませんが、特定の時間帯において予約制を導入するなど、工夫して融通の効くピアノ教室を目指しましょう。

月謝の相場とかけ離れない

ピアノ教室のレッスン料・月謝も競合教室の相場からかけ離れてはいけません。相場より高いと相応のサービスがない限り選ばれませんし、安すぎるとサービスの質が低いのではないかと不信感を抱かれます。

もちろん月謝を安めに設定し、競合との差別化を図る戦略は重要です。周辺のピアノ教室よりも安価に設定しておけば、それだけで価格の優位性を保つことができます。きちんと利益が出るのであれば安く設定しても問題ないでしょう。

参考として、ピアノ教室の月謝相場を見てみましょう。週1回のレッスンがあるピアノ教室の月謝相場は大体5000円〜1万円となっています。大手か個人かで価格帯が異なり、個人で運営しているピアノ教室は5000円+教材費といったイメージです。

また、これ以外にも発表会の時には別途費用が加算されたり、設備費が別途発生したりする教室もあるので、週に1回のレッスンだと月謝の相場は7000円〜1万円くらいと思っておきましょう。

改善策②集客力を高めて認知される機会を増やそう

2つ目の改善策である集客力を高める方法について解説します。ピアノ教室における集客の主な手法は大きく2つあります。

1つ目は近所の家庭に向けてチラシや口コミ等で認知してもらうローカルな集客方法。2つ目はインターネットを駆使して多くの人に認知してもらうWeb集客です。それぞれメリット・デメリットがあるので、詳しく解説していきます。

近所の家庭向けに宣伝する

ピアノ教室の生徒さん集めるためには、ターゲットである近所の家庭に向けて宣伝することが必要です。そのためにも、看板やポスター、チラシ配りなどのローカルな方法で教室の存在を認知してもらうのは効果的です。

他にも、フリーペーパーに載せてもらったり、近隣のお店と提携して宣伝してもらったりと、営業が必要ではあるものの、工夫次第でインプレッション数(広告が目に触れる回数)を大幅に伸ばすことが可能です。これも周辺の競合教室がどんな宣伝手法を使っているのか常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

ローカルな宣伝手法の中でも特に強力なのが、口コミです。実際にピアノ教室のレッスンを体験した生徒さんやその親御さんが、知り合いに口コミを広めると一気に新規開拓を進めることができます。口コミを広めるのは容易ではありませんが、初回無料体験などの手軽にレッスンを受けられる仕組みがあれば、サービスの質次第で効果を発揮できるので非常におすすめです。

Web集客を行い効率よく宣伝する

多くの生徒さんを獲得しているピアノ教室は、インターネットを活用したWeb集客にも力を入れています。具体的には、ピアノ教室のホームページやSNSアカウントを作成し、インターネット上の媒体で宣伝から問い合わせまでが完結する仕組みを構築しています。

ホームページの場合、インターネット検索で「地域名 ピアノ教室」などのキーワードで入力すると上位に表示されるように施策を施すSEO対策が効果的です。多くの人がインターネットで近所の情報を調べるので、ピアノ教室も例外ではありません。

SNSでも同様で、検索してヒットするように情報を発信したり、多くの人に共有してもらえるように価値のある情報発信を継続的に行うアカウントも多いです。Web集客は一度構築してしまえば、そこまで大きなコストがかからないものの、多くの潜在顧客に存在をアピールすることができる強みがあります。

最も効果のあるWeb集客はホームページを作成し、問い合わせフォームに誘導してネット上で集客を済ませる方法です。この場合、Web制作会社に依頼して綺麗なレイアウトのホームページを作成してもらうのがおすすめです。もちろん一から勉強して自作してもいいですが、レイアウトがダサいと信頼性に欠けてしまうので注意が必要です。

Web集客の方法は無限大!自分に合ったやり方で生徒を募集しよう

Web集客は非常に効果の大きい手法であり、その方法は多岐にわたります。「自分でホームページを作成するなんて大変そう」と苦手意識を感じるかもしれませんが、まずは手探りの状態で始めてみるのも一つの手です。

どんな手法が自分にとってやりやすいか、費用対効果が高いかを確かめつつ、自分なりの集客手法を確立しましょう。中でもおすすめの手法を具体的に紹介します。

TwitterYouTubeなどのSNSを利用するメリット

今だとTwitterYouTubeといったSNSプラットフォームが主流です。特にTwitterはアカウント作成も楽ですし、テキストや画像を投稿できるので、店舗情報や告知などの発信作業をツイートという形でフォロワーに認知してもらえます。宣伝したいことがあればTwitterでスピーディかつコンパクトに届けられるので、新規生徒さんに対しても、既存生徒さんや親御さんに対しても有益な情報を届けられます。

他にも、Twitterよりも圧倒的に工数のかかる情報発信方法ですが、よりたくさんの情報を発信できるYouTubeも効果が大きいです。動画の方がテキストより得られる情報量も多いため、発信内容の魅力をより多く伝えることができます。

このようにSNSを活用すれば、インターネット検索ではリーチできない層にも情報を届けることができます。費用も発信業務を外部発注せずに個人で行えばほとんどかからないので是非ともSNSを活用していきましょう。

ホームページを作成するメリット

ホームページはインターネット上の拠点となり、様々な使い方ができるので絶対に作成しておきましょう。例えば、ピアノ教室のデータをGoogle マップ上で表示しておくことで、その周辺で「ピアノ教室」を検索した時に上位表示をしてくれるようになります。Google マップアプリでもWebブラウザでも、位置情報サービスを使えば近くの検索対象店舗がヒットするMEO対策を施すことで、潜在顧客をピアノ教室のホームページに誘導できるのです。

他にも、SNSアカウントとリンクを紐付けておくことで、各媒体であなたのアカウントを見た潜在顧客がホームページに訪れて、詳細をチェックすることができます。ホームページに具体的なカリキュラムや講師の実績を載せることもできますし、イベントの案内や申し込みフォームを設置することも可能です。

「ホームページがない」、あるいは「見辛いレイアウトのホームページが形だけ繕って存在する」よりも、綺麗で見やすいデザインのホームページがあるピアノ教室の方が、権威があってサービスの質も高そうに感じますよね。ホームページはインターネット上の看板なので、是非ともデザインやレイアウトにも力を入れて制作しましょう。

ピアノ教室のホームページを制作するなら

「どうやってホームページ制作をすればいいか全くわからない」
「綺麗なデザインのホームページを作りたい」

という人は、弊社にお問い合わせください。ピアノ教室のホームページ制作実績が豊富な上に、費用を安く抑える定額プランをご用意しております。まずはお気軽にご相談くださいね!

お問い合わせフォームはこちら!

名古屋から全国へ。ピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作ならイクルスデザイン