楽器屋さんで中古ピアノを勧められる理由

今回のお話はピアノの購入を検討している方から本当によーーく、ご相談を頂きます。

「楽器屋さんに行ったら昔のピアノはいい木材を使っていたから中古の方がおすすめです、と言われたのですが…」「昔のピアノと比べて今のピアノは響板の質がよくない」「木のアクションの方が高価で質がいい」などなど…挙げればキリがないほど。

 

なぜこんなにもどこの楽器屋さんに行っても大体のところが中古をお勧めするのでしょうか。新品ピアノと中古ピアノの違いは?

 

それは単純に中古しか扱っていない、もしくは新品を売るより中古を売った方が利益が高いからです。

 

どちらかといえば新品も扱っています、という形式でカワイやヤマハ、スタインウェイなどの有名メーカーの正規特約店という看板で信頼を得つつ、中古を販売するという楽器店が多いです。新品を販売する場合は当然、メーカーから卸して貰わないと販売できないので一定の利益しか得られません。中古の場合は売値は自分で決められるので、安く仕入れれば仕入れるほど高い利益が見込める、ということです。

またまたー笑

でも営業さんじゃなくて調律師さんが言ってたから本当だと思う!と思われるかもしれませんが、調律師さんも楽器屋さんから給料をもらっています。当然利益を求めている企業に所属しているわけですから楽器屋さんの方針にしたがってお勧めしているわけです。もちろん、お客様のために!という楽器店の方もいるとは思いますが、残念ながらどこまで中古と新品を理解して言っているのか…という話もよく聞きます。

そういうわけで、カワイやヤマハの特約店(正式に契約金を払って契約をしており年間の新品販売台数などによって掛け率、つまり卸してもらう金額が変わる)の中でも大きな楽器店さんは新品をお勧めする場合もあるかもしれませんが、ほとんどの楽器店さんは基本的に良し悪しではなく、利益のために中古をお勧めするところが多いでしょう。僕はカワイですが、ヤマハミュージックやスタインウェイジャパンの営業の方からもよく同じような相談(愚痴)を聞いたりします。

ただ、実はこれはピアノ以外も同様です。大きな買い物で真っ先にあげられるのが住宅や車。ここでもやはり中古をお勧めしているお店は多く存在します。どこの業界も同じで自分の会社、店舗が扱っている商品を販売しようとするのは当然。やはり購入者が勉強するか、信頼できる人を探して相談するしかありません。

 

重要視するのは予算なのかサイズなのか質なのか…それぞれお客様によって違うとは思いますが、僕はわからないことはあっても嘘を意図的についたことはありません。

もし他で購入を検討されている方もまずはご相談ください。ちゃんとしている楽器屋さんもありますのでどうしてもこちらでベストなご提案ができないのであればご紹介いたします。

 

僕はKAWAIというピアノメーカーの営業として昨年で10年連続、営業での表彰を受けるくらいには多くのお客様のお話を聞いて様々なケースにおいてご相談を頂いています。またメーカーの社員ならではかもしれませんが、自社の工場に何度も通い、調律師や製造のスタッフからピアノの内部のことも詳しく勉強させて頂きました。インドネシアの工場にも研修で行かせて頂きました。正直、その辺の調律師より内情は詳しいと思います。笑

もちろん演奏家の方、指導者の方のアドバイスが最も重要なのは当然ですし、本当にお客様によってご提案の内容が変わるので、、あくまで自分から買って欲しくて言っているのではなく、相談だけなら無料ということをお伝えできたら幸いです。笑

 

まずは僕自身も含めて、楽器店の人の話を鵜呑みにしないこと。ついている先生の話をよく聞くこと。ただ先生も全てを知ってるわけではないので自分でも調べること。その上で最終的には信頼できる人を決めてその人の話はきちんと聞くこと。これが一番いいピアノ選びの仕方かなと思います。あくまで個人的な意見ではありますが、企業である以上利益を求めるのは当然ですし、担当についている人によっても知識やご提案の内容は変わります。

 

僕は少なくとも誰かに嘘をついてまで利益をあげたい、営業をしたいとは思っていません。ただもし悩んでいたり困っているのでしたら、いつでもお力になりたい、ご相談に乗らせて頂きたいというスタンスでお仕事をさせていただいております。そのスタンスは徹底できていると思います。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

名古屋から全国へ。ピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作ならイクルスデザイン