ホームページを作る意味

2020年2月に入りまして、ピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作会社イクルスデザインを立ち上げて約1ヶ月が経ちました。

まだだったの1ヶ月ですが愛知県・岐阜県を中心にホームページ制作のご依頼を頂いております。皆様本当にありがとうございます。

当たり前なのかもしれませんが…初動で反応くださった方は、元々いつか自分のホームページを作りたいな、とご検討頂いていた方がほとんどでした。まだまだ悩み中という方もたくさんいらっしゃると思いますので、何とか想いに応えられるよう、力になれたらと思っております。

そして今後は、、

  • ホームページまでは…。
  • 正直、よくわからない。
  • そこまで費用かけられないし…。

本当はそんな方にこそご相談頂きたいなと思っております。近年のネットの進化のスピードは目を見張るものがあります。YouTubeやLINE、Facebook、Instagram、Netflix、Amazonプライム、その他諸々。

数年前では考えられないことがどんどん起こっています。そして我々も常に時代に合わせて変わっていかないと、いつの間にかすっかり置いてけぼり…なんてこともあるかもしれません。

ほんの少し前まで生徒募集のメインで使われていた、新聞折り込みのチラシやポスティングが今や効果を失いつつあります。逆にホームページがない教室=情報を開示していない→信用がない、と生徒さんの保護者から聞くような時代になってきました。

本当はとっても魅力的で素晴らしいピアノ教室が習いたい方達から見つけてもらえなかったら、、そんな悲しいことはありません。生徒募集はもちろん教室のブランディング・信頼の証として…などそれぞれの方向性で皆様のお役に立てたらと思ってます!!

そもそものお話ですが個人事業主(ピアノ教室やピアニスト等…)がホームページを作ることは所謂、設備投資の中でも最も必要な「直接仕事につながる」投資です。

例えば…

  • めちゃくちゃいいピアノを買う
  • いい車に乗ってお客様を迎える(営業の場合など)
  • 教室の壁紙を可愛く変える
  • 防音室を設置

このような投資もブランディングとして必要でしょうし、間接的にはプラスに働く(であろう…)効果があると思います。それももちろんとっても大事なことですよね。しかしそれらのことで直接お仕事が増えるわけではありません。ホームページは直接的に生徒さんを増やしたりお仕事の機会が増えたりと利益に直結する投資になります。成長する会社の経営者は利益を生むことにお金を使う、と聞いたことがあります。音楽の業界はどちらかというと儲かるために、というよりもより良い教育や研究、研鑽に重きを置きたい、という方が多いように感じます。そんなところが個人的にはとても尊敬できて誇らしいなと思える業界です。なので逆に皆様には本当に夢中になれることに集中していただくために、少しでも助けになれたらと思っております。

まだまだイクルスデザインも動き始めたばかりですが、もしお問い合わせ頂いた上で必要性を感じなかったり準備の時間が取れないなと判断されれば最終的に作らなくても構いません。もし少しでも興味をお持ち頂けてる方がいらっしゃいましたらまずはお気軽にご相談頂けましたら幸いです。またもうサイトを運営されてる方や自分で作られた方にはリニューアルやブランドのロゴだけのご注文などもお受けしております。長くなりましたが、ウェブサイト・ホームページを作ることで何か皆様にとってお役に立てることがあれば嬉しいです。

名古屋のピアニスト・ピアノ教室専門のホームページ制作会社 イクルスデザイン

※公式ラインできました!トップページ下部にお友達追加のボタンを作りましたのでぜひぜひ追加をお願いいたします!!